カーテン・内装リフォーム「Re花家」、インテリア小物やギフト小物の販売「森のアトリエ」

Re花家|森のアトリエ|雑貨|カーテン|インテリア|バラ|広島


 

 

  レンタルルーム   

 

  森のアトリエ日記   

 

 

  

 

Tel  082-962-1515

 定休日  火曜日

                  第2・4日曜日

 営業時間 11:00~18:00

 

株式会社りかはうす

〒731-0138
広島市安佐南区祇園5丁目

3-26

 

 

  

 

 

 

 

>
>
イヤリングLグリーン

 

 

 

不織布のアクセサリー LUCULIA

 

不織布のみでデザインされたシンプルなお花から、別素材を取り入れた、いろんなカタチの個性豊かなアクセサリー。

あたたかみのある風合いと、彩り豊かな色彩を活かし、幅広いデザイン展開をしています。

 

 

 

イヤリングL グリーン

 

 

 

税抜 2,800円

 

 

 

 

  

  

 

 

 

     

お取り扱いについて。

本製品は一つ一つ手作りしている為、染色ムラなどが見られる場合がございますが、こちらは生地の特徴となっています。

稀に接着剤などが付着している場合がございますが、予めご了承ください。

型崩れの原因になりますので、お取り扱いにはご注意ください。

素材の性質上、着用時に水や摩擦により色落ちすることがありますので、十分お気を付けください。

保管の際には、直射日光の当たらない風通しのよい場所に置いてください。

 

~小さなお手伝い~

 

東南アジアのほほえみの国 タイ。

 

この国は1960年代以降急速に経済成長を遂げてきました。

しかしその成長は都市部に偏り、農村では依然貧しい暮らしを余儀なくされ、タイの経済は不均等な二重構造となっています。

この問題を解決すべく、タイ政府は貧困層の収入源の確保、拡大に焦点を当てた継続的な政策を打ち出しました。

その中の1つが「一村一品運動」

”One Tambon One Product”です。

Tambon(タンボン)とは村という意味に近いタイ語で、日本の大分県の一村一品運動がモデルとなりました。

 

最低でも一種類の主要製品を各タンボンに持たせるという考えです。

製品は環境や伝統を守り作られており、その土地の資源を利用して作られています。

雇用機会の創出、地域に収入をもたらすことを目的として、タイ政府はこれらの製品が国内外に知れ渡るように支援を行っています。

 

LUCULIAのアクセサリーは、このようなタンボンの一つ、chainard州hunkaのお母さんたちが1つずつ手作りで作っています。

その売り上げが、彼らの生活向上の力につながります。